インドネシア発 NASIGORENG JABLAY

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰国後1週間が過ぎました!!こんいちわ!!

<<   作成日時 : 2007/09/14 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

帰国して1週間があっというまに過ぎた。。

何かと忙しくのんびりもしていられなかった。

ワイフと僕と子供の住民再登録届けの区役所から始まり、保健所での子供の予防接種、法事、親族の結婚式、会社への報告やら食事会や飲み会、事務所整理に、掃除に荷物の整理、おかげで静養どころでなかッた1週間。。

商売の興行はまるッきし、入管管轄も遅延で動きはなし。。

これでは、ジャカルタに当分戻れそうもないのであろうか。

興行は予想以上に厳しい状況で、しばらく入管状況の様子を見ながらの仕事になりそうである。

しかし、4年ぶりの長期滞在予定の日本国。。

ジャカルタの臭気や暑さ、賄賂やジャムカレットから開放されたものの、まだ車での移動中などは、椰子の木や、物売りの翳が見たりしてして、なんだか不思議な気分である。

ワイフもそう感じているようだ。。

不思議な気分と言えば、やはりここ4年日本を離れている内に、携帯電話の進歩や、ネット環境も予想以上で、こんな点からもジャカルタはやはり20年は遅れているな〜と痛感。。

さて、久しぶりの更新で、たくさんのコメントやメールをいただくも、返信もネタが多すぎて、僕の中でまとまらないので徐々に返答させていただきますので、しばしご了承お願いしたい次第で。。。。

あい変わらずインドネシアのスマトラは地震が続いているようだが、ワイフの従姉妹も住んでおり、気にかかってもいる。

日本のつまらない民放TVは、情けない安部さんの退陣やアサショウリュウの問題ばかりですですでにうんざり。。

インドネシアのメディアも退屈だが、相撲問題などどうでも良くはなかろうか?

「そっとしといてあげなさいよ!」と僕は言いたくなってしまう。。

ところで、やはり日本は介護士やナース、挙句の果ては産科のドクターまでもが不足しているのを実感してしまッた。

やはり、海外から有能な医師や介護しを派遣できれば十分商売になりそうなのだが。。。

僕の日本の実家は、3大都市の駅前の都会のど真ん中。。

坪あたり何百万の土地の小さな昔からの住居。。

今は空き家にしている郊外の僕の分家もあるのだが、父親1人にしておけないので、同居と言うわけである。

これは長男の努め。。

いわゆるこの地域はドーナッツ化現象で、古い住居には老人しか住んでいない。

大きな病院もいくつかあるも、3件回っても未だ、ワイフの出産を受けてもらえる病院がないのだ。

スーパーも病院も役所もどこも老人ばかり。

出産予定の入院拒否の原因は、単なる産科の医師不足とのこと。。。

婦人科はあるが産科がないのだ。。

ジャカルタで、見たNHKで、119番で運ばれた妊婦が搬送先の病院がなく流産した事件を思い出し、これは深刻な問題である。。

幸い、家の近所に産婆さんの事務所があり、産婆さんにでも病院がなければお願いしようかと考えているが、しかし、インドネシアの産婆での出産は日本円相当で、約5000円と比べれば、日本はなんたる高額医療費であろう。。

保険でまかなえるにしても。。。

さて、今日やっと落ち着きをとりもしつつある僕なのだが、携帯電話やネットの環境、家電の進歩をことごとく電気屋で見せ付けられ、4年という歳月がまるで浦島太郎のような気分である。

しばらくは、ジャカルタとの取引きは電話とネットで済みそうなので、日本滞在を楽しむつもりである。。。

しかし、まだまだ日本も暑いですがね、ジャカルタと比べると湿度が多少日本の方が低いようで、まあまあ過ごしやすい。。

さて明日から3連休。。。

ジャカルタでお会いすることができたお世話になッた方々に挨拶に回るつもりなのだが、連日の荷物の整理や、掃除で持病のヘルニアで腰が痛みだしてきている。。

まあね、あわてる事はない。。。。

スーパー銭湯の温泉でも行きつつ、生ビールでも飲んで生気を養いますかね。。!!!

画像


飛行機から見た日本の夜明け。。とてもきれいでした。マレーシア航空はジャカルタからマレーシアでトランジットがあるのですが、相変わらずがらがら。

しばらくすると、中部国際空港への発着がなくなるようです。。

興行や研修の入国がもしも増えれば、日本への乗客が年20万人以上は乗客が増えるのでしょうがね。。

増えすぎるのもこれまたあれこれ問題なのでしょうが。。

画像


バンドン国立第3と第5高校。。第5は舞踏科と芸能科があり、インドネシアの中でも優れた芸能人を卒業させている超有名校。。

隣接して、国立芸能大学もある。。。

バンドンはバリに続く伝統芸能のメッカ。。。

この高校を出ていても、芸能活動でインドネシアでの芸能活動だけでは給料も低く難しい。。。

だから、チャンスがあれば彼彼女達は海外で興行に出たいのだ。。





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
free counters

 

FC2ブログランキング

帰国後1週間が過ぎました!!こんいちわ!! インドネシア発 NASIGORENG JABLAY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる