インドネシア発 NASIGORENG JABLAY

アクセスカウンタ

zoom RSS プロウプトリ1泊2日の旅、Wisata Pulau Putri Indoneaia 出航、到着編.

<<   作成日時 : 2014/11/29 08:42   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、て、いいますか、今夏のおはなしですが、お話が風化しないうちにと、プロゥスリブネタで恐縮です。。、。。。

 
画像


 以下、今夏、ジャカルタ滞在中に、書き留めておいたネタです。。↓


 今夏の1か月滞在できた、インドネシアで、やっとのことでプロウスリブ(プロウセパ)の予約を取ッた。。

画像


やはり、ラマダン明けの休日も重なり、随分とボートの定員がそろわず待たされたけれど、ようやく連絡が来た。。

 プロウプトゥリなどは、休日(土日)を挟む日は、予約が増えるので、そこに便乗というわけ。。。

 パッケージツアーに含まれている旅行会社の専門の高速ボートの定員などが揃わないと出発しないのは、どこの島も同じで、インドネシア到着と同時に、まずは、電話でAyerとSepa、Putri,の3島の予約を入れてみた。。。

 もし、決められた日にしか、行けないのであれば、ボートを個人的にチャーターすることもできるけれど、高額なので、僕らは、エコノミー的なパッケージの船で十分。

 ここ1年楽しみにしていたプロウセパとプトゥリの旅は、アンチョール港から出航。。。。。

 前日は、コタのホテルに宿泊して、朝一番でタクシーで、アンチョールに入る。。。

画像


 まだ、暗いジャカルタ、、もうアンチョールは目の前。。

画像


アンチョール入り口。。もう10年前から見慣れた光景になる。。

 すぐさま、受付をして、荷物を抱えて、乗り場付近で案内され、ボートに乗船。。。。

画像


 われ先にと横はいりする中国人、、うっとうしい。。インドネシア人の警備員に怒られていた。。

画像

 
 ボート乗り場は9番。。。。

 で、受付を済ませたらすぐ乗船できるのだけど、暑そうだし、しばし、ABCコーヒーを飲みながらゲート前で休憩。。

画像


 港の海は、かなり、浮遊物のゴミが目立つけれど、出発して10分もするとだんだんゴミもなくなり、海の色が変わる。。。。。出航と同時に、「 ヨ〜ソロ〜〜」と思わず口からでた。。

 プロウプトゥリまでの所要時間は約1時間半〜2時間。。。。

画像


 手荷物すべてに名前入りのタグをつけてくれる。紛失の恐れも少しは軽減し、旅気分が一気に盛りあがる。。

 ソロソロ、と出港し、小一時間海を眺めていると、一気に家族は酔いはじめるが僕は何故か平気。。僕は、振動で首がいたいのナンの、酔うところではない感じ。。

画像


 1時間もすると、そろそろ海が青くなッてきた。。あちこちに島も見え始め、船酔いもナンの其の、気分が高揚する。。

 ボートの飛び跳ねる度の波の飛沫をみていると少し酔気味になるけれど、揺れながら高速で走るボートの音も楽しい。。。

 何となく胸騒ぎもしたので、子供らには、ライフジャケットを着せ、もしもの事故に備えながらも、スノーケル用のライフジャケットは、海に遊びに来た実感もあり、子供らはぎゃーぎゃー「海がきれいだよ!すごい早い!!」と嬉しそう。。。

画像


 1時間半前後で、あちこちに小島が見え始め、どの島だろと、周りもざわつき始めた。。

 大小の島を横目にしながら、約2時間の高速ボート。。。

 かなり揺れる船酔い気味の子供らとワイフに僕。。。

 ようやく、目的のプトゥリ島が見えてきた。(STAFFの生声アナウンスでわかります)キタ━(゚∀゚)━!!!

画像


 波の加減で停船しながら、浅瀬に入ること約2時間。。。

 スピードが緩やかになり、無事桟橋に到着。。。。。

画像


画像


 無事到着して、、荷物をおろしてくれるポーターさん。受付まですべて運んでくれる。。

 下船する用意をする僕ら。。。。。

 ここでも、我先にと、インドネシア人の旅行者、、、を尻目に、、降りてみると 流石に、プロウビダダリとは比べようがないそこそこの透明度の高い海。。。

画像


画像


 ボートからもエメラルドグりーンのグラデーションが見えているけれど、降りてみるとその海の色に驚く。。

画像


 桟橋から、受付へ向かう途中、何故か、バリ舞踏衣装のおねいさンが迎えてくれた。。

 桟橋で、荷物を受け取り、ウエルカムドリンク。。。

画像


 ここでも、ややヌルめのジュースをいただき、さあ、受付をしようと思うが、ワイフらはかなり足がふらついている。。。

 完全に船酔い。。しばし、桟橋の長いすで休憩させながら、荷物を受け取る。。。

 本日はこのこの小島でお泊り。。。

画像


画像


 いろいろな鳥の泣き声や聞いたこともない動物(リスらしい)の声も。。

画像


 そぞろ歩きで、、受付をすませ、コテージへと歩く。。。。。手持つ以外はポーターが台車でもッてきてくれた。。

 これが、受付よりちょうど島の反対側と聞き、そうとう歩く。。

画像


 4食はこの野外レストランでいただく。すべて、バイキング。。品数はあまりないけれど。。。イカ、小ぶりな海老、ブリ?ボラ?の料理が多く感じた。

画像


 運よく、プールは僕らのコテージの目の前。。何度も風呂がわりに入ッた。。

画像


 プールの透明度は、過去あちこちとインドネシアの出向いたプールの中では一番透明度があッた。。

画像


 皆さん泊まり客ばかりなので、大荷物。。。

 大荷物はポーターに頼み、ゆッくりと海岸線をあるきながら、目的のコテージを目指す僕ら、、、。。

画像


画像


 ようやくのことで、コテージをみつけ、ACを入れ、しばし休憩。。

 で、荷物をおいて、さて、まずは、島を散策しながら探検。。。

画像


 子供らはおお騒ぎで、走り周り、海の方へと。。。。

 ガイドの人(島にいるSTAFF)に、どこが危険で、そうゆう危険な魚がどこにいる?とか、どこが安心して泳げる?などを詳しく聞く。。。

 比較的、思ッたより、波も穏やかで、白い砂浜が広がり、まるで、ここが、ジャカルタの離島なのか?と、。。

 本日の旅行者(船の人数)は、昨日からの泊まり組みを含めて 100 人ぐらいか。。。

 2船分の客ながら、コテージ間が広いので、混雑さもなく、ゆうゆうとすごせそうな感じもする。。

 バナナボートも見えるし、船底がガラス張りの潜水艦のようなボートも見える。。。

画像


 が、すべて別料金。。。といっても、10万Rpとか、そんな程度。。。

 STAFFにまた、アトラクションとか食事時間とか、パッケージに含まれる遊びなどなど、あれこれ伺いながら、、まずは、、みんなで海に入ろうと、まずは、海に入ッてみた。。。。

画像


画像


 スノーケリングにはもッてこいの遠浅のパンタイでまずは、スノーケルで練習。。。

 わあ、驚く程、小魚や綺麗な色の見たことない魚がいる。。。

 赤、青、黄色に、緑、、縞々の見たこともない魚郡。。。

 この為にと、用意した、防水カメラのTG-1とか、Nikon Awとか、Tgいろいろな水中カメラを試してみる。。。。。。

画像


 ワイフも子供らもスノーケルを楽しんでいるが為、ありこちで、「わ〜〜〜〜綺麗な魚!!」とか、騒ぐ声。。。

 腹が減るもお構いなく、海を眺める僕。。。

画像


サングラスとうんコ座りのせいでチョイ悪の親父というところか。。

 本当に綺麗だ。。。

 さあ、ひと遊びしたところで、腹もすいたし、昼飯を食べる。。。

画像


画像


 これも、バイキングスタイルで、ワイフが、「ビールでものみますか?」と。。。

 それ、「僕のセリフでしょ?」と僕。。。。

 そんな開放的な小島の野外レストランでの昼食は、インドネシア料理のシーフードも交えた簡素なバイキング。。。

 4食付きなので、到着時の昼飯に夜飯、、それに翌日の朝食と昼飯。。。

画像


 ナンだかんだで、楽しい時はあッというまに過ぎてしますね。



 そろそろ、サンセットクルーズの時間だ。。。

 次回、サンセットクルーズ編へ続きます→。。

 
 {%下降webry%にほんブログ村/ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(Tari Sunda Artsをポチッ)。。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(ポチッ)。。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村

日本最大級の楽天トラベル






燃油代込みでこの価格は必見!JTBの海外ツアー「Web専用商品」

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

【JTB】在庫一掃中!お買い得な海外ツアーは「旅のアウトレット」


【一生無料】キングソフト インターネットセキュリティ








 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
free counters

 

FC2ブログランキング

プロウプトリ1泊2日の旅、Wisata Pulau Putri Indoneaia 出航、到着編. インドネシア発 NASIGORENG JABLAY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる