インドネシア発 NASIGORENG JABLAY

アクセスカウンタ

zoom RSS プロウプトゥリ(Pulau Putri / Jakarta ) 1泊2日の旅 スノーケリングで遊ぶ編

<<   作成日時 : 2014/11/29 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 プロウプトゥリ(Pulau Pitri / Jakarta ) スノーケリングで遊ぶと題してみた。

 
画像


画像


やッとこのプロゥスリブの離島にこれたという喜びがあッた旅。。。

 念願だッたこの海域。。

 きッと、10年越しの想いでもあッた、高速ボートで約2時間、透き通る海周辺海域のプロゥスリブ。。。

近郊のセパ島、人の住んでいる島、それに、無人島などなど、プトリからはたくさんの島が見えると聞いていたし。。

上陸して、島のコテージにいると、一瞬、ジャワ本土にいるような感覚にも陥るけれど、ただ波の音、鳥や小動物、虫の鳴き声、空気、日陰と日向の温度差、バイクの音がしないこうゆう静けさは、本土にはない、静けさに包まれる。。。

で、、、出航から1時間近くはフルスピードなのだろう、操縦席を見るとFULLの位置にスロッの船旅でようやく到着。

 安全面が不安でも、一応、各座席下に救命ジャケットが配置されているも、ほとんどの客に見向きもされず、ただ、欧米系の外国人だけは、軽く羽織ッているところをみると、やはり、危機管理的な、準備心が先進国の人はあるのだろう。。。

 で、高速ボートに乗りなれない僕らは、先週のAyer島までの30分でも船酔気味だッたので、今回は市販に酔い止めを飲んだせいか、心配したような船酔いなく、と思いきや、僕を除くワイフと子供らは、気分よいとはいえないような顔つきで、はき始める、。。。

 が、僕としてはそれを除けば(介抱)快適な船旅だ。。。。。。

 ながらく航行したのだろう、船室から外にでてみると、予想したような海の色が変わり始め、青い空の好天に恵まれて、大人気なく、心が浮き浮きしてくるのがわかる。。。

 そろそろ、島が見え始め、どこの島だろうと、ざわつきが聞こえはじめるも、船が止まる。。。

 故障か?との声も上がり、乗務員が、「大丈夫です」と連呼する。。。

 どうやら、波の関係らしいが、以外にも波が高い。。。

 海流のせいだろうか、船が進行方向を変え始め、ゆッくりな走りに。。。

  そうこうしているうち、島々が見え始めて、約30分。。。。

 どうにか、島についたようだ。。

画像


 桟橋からも真下の海面を眺めても、見慣れない綺麗な熱帯魚のような魚がさらさらと泳ぎ、白砂の海底まで見透すこともできる綺麗な海。。。。

どのくらい透明度があるのだろうとうきうきするも、桟橋からはよくわからず、船を下りる。。。

画像


 マングローブの砂浜。。1か所見つけることができた。初めてみる。。

 さてさて、このプロゥプトゥリ(プトゥリ島)。。。

画像


画像


画像


 スノーケリングにダイビングスポットも多くあると聞いていたので、子供らにも、昨年から本格的に覚えさせたスノーケリングをやらせてみたいと、インドネシアの田舎のプールで、昨年の復習をかねて練習をしてきたンだけど。。。

 一言で、スノーケリングといッても、少々危険な海遊びでもあるし、注意しなきゃ点など、プールで教え込み、僕とて、練習するにこしたことはない。。。

 波の高さ、息の仕方に、呼吸法、ゴーグルの水抜き、着衣法、靴を履いた泳ぎ方、などなど。。。

 スノーケリング用ライフジャケットをつけていても危険なのは、経験からも理解しているせいで、そんなことを子供らに遊びながらの練習のせいか、子供とワイフは、スノーヶリングを思う存分楽しんだようだ。。。

画像


画像


 ただ、スノ−ケリングジャケットだけでは、姿勢が不安定なので、腕輪を買い足し、まずは、浅瀬で遊ばせてみる

画像


画像


 スノーケリングアリアで恐る恐る海に入る長男。人間の冒険心はこんなところから始まるのかもしれない。

 たぶん餌付けしてあるのだろうか、このアレアには、いろいろな熱帯魚を眺めることができた。

 水深は周囲10mぐらいは、3m〜5m。。すぐ10m以上の深みになるけれど、ライフジャケットをつけて、大人がそばにいてやれば多少安心。。

 問題なければ、少々水深が深めのスノーケリグスポットで、経験は力なりと、、ぜひ、遊ばせてみようかと。。。

 僕とて、防水カメラと防水ライトを腕にくくり付け、水中撮影に夢中になる。。。

ジャカルタから1時間30分〜2時間で、こんなに海が綺麗になるとは、ンーンこれが、本来あるべきジャワ海なのだろう。。。。

画像


画像


 出航編でも書いたけれど、この島で1泊2日の旅は、約1人1.51juta~1.7Juta....、、。。

 日帰りでも約90万Rpとやや普通のインドネシア人には贅沢ではあるも、高速ボート(ACなし)に4食付、水中トンネルにサンセットクルーズに宿泊コテージ付(Ac付で設備もよく普通に清潔)、のパヶット代金は、むしろ日本人の感覚では安いとも思えてもきた。。。

 しかし、家族でともなると、そこそこの合計金額にもなるも、日本での旅を考えると、やはり格安でも、インドネシアの物価からすると少々高いせいか、

 インドネシア人の旅行客をみると、むしろ個人旅行者はすくなく、会社の慰安旅行のグループとか、ダイバーグループのような人のよう。。。

 桟橋の先端がスノーケリングポイント。。。

画像


 一応、救命浮き輪に、紐がくくりつけてあり、紐をたどりスノーケリングをするも、海底にくくりつけてあるわけでもないので、すぐ波にながされ、あまりあてしてはならないかな。。

 桟橋から、カメラを海に沈めてみた。。。。

画像


 次男は深そうな水深とここに来る途中で桟橋沿いの岩場で鬼ウニを海面越しに見つけ、怖がり桟橋で休憩中。もッぱら、ワイフとカメラマンとして楽しんでいた。。(僕が撮影するより、綺麗に撮れていた。彼の愛用カメラはオリパスTG615.。)

画像


 この場所30平方mぐらいには、多少珊瑚礁も残り綺麗な小魚をたくさんみることができる。。。

画像


 桟橋を5mも離れると、水深はぐッとふかくなり停留できる場所なので相当深いのだろう、、海底が見えなくなるので要注意。。

画像


 たぶん、透明度は3m〜5mぐらいなのではないでしょうか。。。。

 海中を見てみると、ボトルや意味不明のごみも埋もれていて、相当荒らされている。。。

 観光客が毎日くるせいで、この島の珊瑚の死滅も近いのかも(翌朝、無料で乗れるグラスボートに乗ればよくわかるでしょう)。。。。

 でもね、透明度を考えなくても、島からの眺め、船からの眺めの海のグラデーションはトロピカルで、ここがジャカルタとは思えませんね。。。

 
画像


 遠浅の海。。

プトリ島は、砂浜が少ないと聞いていたけれど、海岸線を歩いていると、けッこうあッて、ちょうど、コテージ前には、10m程の幅の浜辺があり、ここを本拠地として、遊んでみる。。。。

 かなり遠浅だし、波それほど強くないので、浜辺からけッこう沖にでても水深は変わらず1mもなかッた。。。

 この辺りが、太陽の加減で透き通る薄い黄みがかッた蛍光グリーンにも見える場所。。。 

 僕がもッとも期待していた海の色がここだろうか。。。。

 この浅瀬で少し泳ぐもよし、スノーケリングするもよし、日焼けするのもよし、のんびり海をながめるのもよし、オプションで遊ぶもよし(実際はダイビングツアー以外(2ダイブバナナボートぐらいしかオプションが稼動していない)。。

画像


 無料と聞いていた、アクアトンネル(ガラス張りの水中トンネル)。。。

 もう壊れて1年だとか、、。。。

 修理中と、フロントではいッていたけれど、たぶん陥没して放置されたままと思う。。。

 それに、そこにつながるだろう、桟橋も壊れていて上の画像のような状態に、、。。。

 この桟橋では、のんびり、釣竿をたらす人たちもいた、、、、。。

画像


画像


 竿をたらすより、タモですくえるほどお魚がいっぱい。。

 この島の老巧化は、各所に見れて、有名が為に、特に、コテージ内のシャワーにも見ることができる。。

 まあ、プロゥスリブ開業から20年以上経過しているので、古さは仕方なく、快適さは日本人的には不向きかもね。。

 わずかだけれど、塩分を含むだろうシャワーの水(真水ではなく、海水の循環水かもしれない)。。。

 室内シャワーは本来温水だけど、ほとんど温水は出ないし出が悪くも、各コテージ前にもシャワーがあり、海から帰ッたあとはここで、砂を落とすことができるので、この方が海らしいかな。。。。

気がついたけれど、このプトリ島には、売店は開店休業なので、多少のお菓子類のお菓子に呑み助さんはつまみ、アクア(飲み水)、、副食などなど、少しは荷物にならない程度に持ち込んだほうがいい。。。

 売店は開店休業状態で土産物もほとんどなく、飲食物もほとんどないので、暗黙の了解みたい。

 ただ、レストランに行けば、コーラ、ファンタ、スプライト、ポカリ、アクア、そして缶ビールが買える。。。

 ただ、持ち込んだごみは持ち帰ることがマナーだね。。。

 夜は島のあちこちを子供らと、懐中電灯を持ち探検しようと思ッていたけれど、子供らは急な発熱でダウン。。。

 たぶん、疲れと寝不足、遊び過ぎに、体調が弱ッていたところに、昨日ジャカルタはロカサリを散歩中に屋台で飲んだサトウキビジュースにあたッたのかもしれない。。。

 夕方の食事以降はやめに寝せ、夜半には収まった。。。

 探検ができなかったぶん、早起きさせて、綺麗なサンライズに見に無理やり起こし、誘ってやった。。。

 子供いわく、「早起きしてよかった」パパさんありがとうてな具合です。。。

 実に綺麗で有名な写真家が撮影したような画像みたいなサンライズ(日の出)でした。。。

 僕は夕陽より日の出のほうが好きだな。。。

 夕日は寂しく、日の出は、生きる活力てな感じがするしな。。。。。

画像


画像


画像


朝食後に乗れるグラスボート、、、海中を眺めることができるのだけど、、、期待するほど海は澄んでいない。。

画像


 ダイブツアーは予約制だろうか、。。ボンベや機材の貸し出しなど、一応マリンショップもある。。。


 最後に、、プロゥプトゥリ 総括編へ→続きます→。。。。

 {%下降webry%にほんブログ村/ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(Tari Sunda Artsをポチッ)。。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(ポチッ)。。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村

日本最大級の楽天トラベル






燃油代込みでこの価格は必見!JTBの海外ツアー「Web専用商品」

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

【JTB】在庫一掃中!お買い得な海外ツアーは「旅のアウトレット」

ネットショップを始めるなら【DeNAショッピング】

a8.net/0.gif?a8mat=25L9VK+55R9IQ+2Q8O+656YQ" alt="">




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
free counters

 

FC2ブログランキング

プロウプトゥリ(Pulau Putri / Jakarta ) 1泊2日の旅 スノーケリングで遊ぶ編 インドネシア発 NASIGORENG JABLAY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる