インドネシア発 NASIGORENG JABLAY

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年 衆議院選挙について、産経の見解はどうか?暇つぶしに各政党の選挙演説に出かけてみる。

<<   作成日時 : 2014/12/09 10:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、さて、、衆議院選挙である。。

 選挙戦となると、選挙カーが、うるさいな??と思うこともやぶさかでなく、どうやら、公職選挙法で調べてみると、いろいろと制約もあるらしいので、文句はいえるが、法律で止めさることはできないらしい。。。

 それに、僕の近所には、ぜッこうの演説会場ともなる場所が2箇所もあり、毎日、拡声器の声も届いてしまい、ついつい聞こえてきてしまう。。。

 昨日、一昨日と、与野党の大物が目白押しで、自宅近くの演説会場となる駅前に大勢の聴衆が集まッていて、どうやら、子供らも、「選挙!」の2文字に興味をも、もッたのか、「アベソーリ、アソウタロウフクソーリは、日本のリーダー」ということを覚えたよう。。

ワイフ曰く、「日本は選挙多いねでも、静かでいいね。。」と、つぶやく。。

で、ワイフも子どもらも、アベソウリ大臣を見たいというので、昨日は子ずれで、アベソウリの演説会場に、ビックカメラの買い物のついでに、(ビックカメラの目の前)出向いてみる。。。

 いつもながら、インドネシアの選挙に比べれたら、厳かに、静かなものである日本の選挙。。。

 僕の自宅近くの駅前では、毎日、与野党の街頭演説が時間差で繰り広げられ、主要な政党の演説を見聞きすることもできるがゆえ、いやが応にも気にナッてくる。。

 諸派においても、其の時間にあわせてジョギングながらに足を止めて、一応耳を傾けてみるけれども、、なにやら怪しさが漂う、幸福などは、夢の夢のような演説をして全く現実味もなく、漫談か?とも、、笑わせてもらッた。。。

ここ10日間、各政党、各立候補者は、街頭でそれぞれ、演説を繰り返しているも、どうも、今回の、アベノミクス選挙と位置ずけた衆議院選挙は、われわれ小国民の期待感が、前回のように、大きく出てくるようでもないような選挙に見える。。

 しいて言えば、怖いような、うれしいような、怪しいような、しかし、日本国が、アメリカよりの、真の自立心が沸いてくるような期待感やら、、自民党単独過半数以上の2/3が取れるかどうかの、、やや、不安ながらの、投票先をきめかねている、国民もいるのではなかろうか。。。

 昨日、早くも産経新聞は自民が3分の2を超える勢いと報じている。
自公で3分の2を取るのは間違いなくも、焦点は自民単独それが出来るかどうかである。。。。。

 しかし、この流れを食い止めようと、反日メディアのTBS各局は、麻生副総理が「子供を産まないのが問題」と失言したとネガティブキャンペーンに必死。

 それに加え、どの野党勢力も、反アベノミクスを叫ぶだけで、代案となる政策が見えてこないとされる。

画像


しかし、反日メディアがいくらネガティブキャンペーンを展開しても、もはやこの流れは変わら無いような気がして来ている。↓↓

 「「「「「「「 昨日の産経新聞「衆院選2014」(2014/12/8 17:18)
自民単独で3分の2をうかがう 終盤情勢 過去最高議席上回る勢い
民主は低迷、共産躍進 と。。 」」」」」」


「自民党は、平成21年に民主党が単独政党として獲得した現行憲法下での最高議席(308議席)を上回り、衆院の3分2に当たる317議席をうかがう勢い。民主党は目標の100議席は難しい情勢だ。共産党は前回(8議席)の倍増をうかがう勢いだが、その他の野党は軒並み苦戦」

 やはり、うわさどうり、街頭演説の聴衆の数からしても、どうやら序盤の情勢分析の結果以上に自民党が健闘しているよように見える。。。

 確かに安倍首相を前面に打ち出した選挙運動は有権者の心を鷲掴みにしているようだ。

民主党は現在進行形の「アベノミクスが失敗した!」とあらぬ批判をするだけで、それならどうするという対案がゼロ!!では、有権者がそっぽを向くのも無理はなし、先日たまたま街頭演説に遭遇した際も、やはり、有権者からは野次が飛ぶ飛ぶ、罵声の嵐。

そもそも、民主党政権の2年間は、日本人に反日勢力=民主党というような、イメージも与えたことも、やはり、国民が、動いたからで、其の中で、再びの自民党=愛国勢力というような構図が、再び浮かんできた。。

 youtubeでも、野次の嵐どころか、演説を聴く聴衆人数もやもしいかぎりで、韓国旗を掲げる聴衆もいたりで。。

 まだ、共産党や、次世代の党の方が、まじめに聞いている聴衆が多いように感じる。。

 ただ、有権者のほぼ40%程度がまだどの党に投票するか未定でわからないとの調査もでているので、自民党は油断は禁物である。
 
もしも上の予想(産経)が当れば、公明という、とにかく与党にいたい、ぶら下がり創価票も要らなくなる。

「小選挙区は自民、比例は次世代」という、一考を要するような雰囲気も出てきているようでも、、、、

しかしながら、次世代の党を応援するこは、少しばかり抵抗感や将来の国防という側面からみると、不安を感じなくもなく、、国防自立論を押し出す政策だけでは、若い層を取り込む支持は見込めるものの、高齢者層を取り込む票が見込みずらく、次世代はかなり苦戦すると予想されてもいる。

しかるに、次世代に死に票をクリスマスプレゼントするより自民を大勝させるという考えもある。

このブログにおいても、見る人によっては、不快感や叱られそうな雰囲気もあるだろうけど、次世代の党は、まだまだ新党のムードで、いつ解答するかわかららないし、少し長い目で期待感を高めていく方がいいかもしれないな?とも感じている。。。

 とにもかく、選挙に行くことに意義がある選挙。。

 選挙戦も今週で終わり、、来週には、結論がでる。。。

 選挙後は、国政をつかさどる、忙しい?国会議員さんには、そうそう、お目にかかることもできないけれど、あーしてほしい、こうしてほしいという要望は、今は、ネット、手紙、陳情、市民活動で届けることもできる。。。

 これからの日本はどのような道を歩むのか?そうゆう面では、もし、自民党が2/3の議席を確保できたとしたら、強烈で国民の味方となり、自民に変わる政策が出てこない野党がいない現在、あと5日、。。。

 こんご5日で、国民の変化があるのかどうか?そうそう街頭演説だけでは見えてこないけrど、確かに自民党の街頭演説と各野党の演説を見る限りでは、断然自民党が強いだろうな、、ついで、大穴は次世代の比例票なんだろうな?と感じたソーレです。。。

画像


 参考までに本日の産経記事。。。↓。。。

衆院選 「野党大物」が苦戦 民主2トップは都市部地盤の弱み
産経新聞 12月9日(火)7時55分配信
主な野党幹部らの終盤情勢は…?(写真:産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00000067-san-pol.view-000

 
{%下降webry%にほんブログ村/ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(Tari Sunda Artsをポチッ)。。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(ポチッ)。。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村

日本最大級の楽天トラベル






燃油代込みでこの価格は必見!JTBの海外ツアー「Web専用商品」

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

【JTB】在庫一掃中!お買い得な海外ツアーは「旅のアウトレット」

ネットショップを始めるなら【DeNAショッピング】

安く買う高く売る  オークション[モバオク]

高速・定額・低料金のイー・モバイル!


【一生無料】キングソフト インターネットセキュリティ









 
 

 

 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
free counters

 

FC2ブログランキング

2014年 衆議院選挙について、産経の見解はどうか?暇つぶしに各政党の選挙演説に出かけてみる。 インドネシア発 NASIGORENG JABLAY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる