インドネシア発 NASIGORENG JABLAY

アクセスカウンタ

zoom RSS 元タレント、、インドネシア風俗娘の経験力、嘘と幸福。。。猛者風俗ジャブライ娘と僕の野心(笑)

<<   作成日時 : 2015/07/22 19:31   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 相当にひさしぶりの更新になる。皆さん、お元気ですか???

 そろそろ、ブログ更新も半年振りではないかとおもいつつ、

 しかし、何とか、ソーレは元気にやってますといううところ、、、。。


  さてさて、断食明けになると、またまたおかしなメールがいくつか届く。。

 特に日本時間の夜10時頃から明け方にかけて。。。

 いつまで、ひきずるのだろうと思うほど、過去のタレントやら過去スカウトしたインドネシア娘さんらが多い。。

 なんか、電話の後ろで騒いでいるホステスらしきはしゃぎ声からか、多分に酔い越しの電話なのだろう。。

 過去、風俗系(ナイトクラブ出身と言う意味)から、日本への興行タレントへ変身したインドネシア譲も、そろそろ30歳をゆうに超える年代で、所帯をもった娘さんらも多い。。。

 まあ、30を過ぎれば娘ではないにしろ、僕の年からみれば当時と変わらない娘さんだ。。

 幸いにも、いい旦那さんにめぐり合い幸せに暮らしている娘さんもいるし、そうそうに日本人の配偶者とは離婚して、日本の永住権を取得して、未だに、日本の繁華街で働きながら、男三昧の、猛者(もさ)娘もいる。。。

 そして、ソウユウ風俗系ジャブライ娘は、ことごとく、自慢ゲなのか、写メで、メイクバンバンな夜の井出達姿を添付して、メールもしてくるありさま。。

 最近では、FBを再開して半年、何気に、ジャカルタ、バンドンのナイトクラブからか、チャットに貼り付けてもくる。

 一度、風俗という業種で働くと、なかなか抜け出せないのも事実なのだろうが、これは、インドネシアでもいえることで、数百人からと知る僕のPTに関係した範疇のインドネシアの娘さんらも、確かに猛者の域に到達している。。

 インドネシア美人で20歳代後半〜30歳代で婚姻歴なしの独身というのは、けッこう珍しいとおもうけれど、けッこう、こうゆう友人というか、知人以上友人未満の(けッして恋人などといえる関係ではない)娘との大人としての付き合いは、どうあれ、面白いし、悪くはない。。。

 時に、ワイフともあい通じる関係の友人もいるし、僕の男のインドネシアの友人関係から、そうゆう友人が出来ることもかなりあッて、なにかしら、意識させられてしまうこともある。。。

 過去の興行時代のタレントも未だに、連絡が途切れず、「あいさつだけ」と、電話もなるし、FBのチャット、僕からしたら、「興行時代の苦楽をともにした旧知の仲」だということんもなるのかもしれないが、とにもかく、ややこしい関係が続く。。

 しかし、僕のPTからは、殆ど、規制時代に入り興行かなわず、待たせて待たせて、結論は、日本へ渡航させることができなかッた無念と、規制とはいえ、「悪い思いをさせたな。。」とも感情があッて、ついつい、何か、してあげれることは無いのか?」とも、当時からの想いもあるので、ついつい電話にもでてしまうし、ANS関係もたまには返信してしまう。。。

 大半の元タレントや、当時のプライべートな娘さんらは、結婚後も、旦那や親族の問題を抱え、また本人もまともな仕事にありつけてない不甲斐なさから、離婚して、アーテイストとは名ばかりの夜の商売でなんとか生きていると言う感じさえする。。。

 日本への興行タレントとして、一度でも日本へ渡航してきた娘は、未だに過去の稼ぐことができた経験をインドネシアも生かすのだが、何セ、物価が違うし、それなりのリスクが高いのがインドネシア。。

 僕と古くの縁を切ろうとしない娘ら(ジャブライ)は、電話番号を変えるとかならず、SMSで知らせてくるところを見ると、何かしら、僕に期待しているのかは知らないところでも、僕の男の友人へ「ソーレ今度いつジャカルタに来る?」と、、、尋ねている。。。

 僕は既婚者だけど、、インドネシアではあちこちのナイトクラブもダンドット好きやバンドすきが嵩じて、ちょくちょく出かけるし、基本的に、どこの世界でもアングラナイトライフは好きだがら、特定の娘をひいきにすることもなく、万事、いい関係を保ッていると自分では感じているも、当のある特定の娘さんらは、そうでもないと、友人の男性からも聞く。。。

 中には、金欲しさに、寄り付いてくる娘もいるれど、、なんとなく僕ははぐらかす癖もあッたり、あやふやながら、僕としては、お付き合いはそれりに選んできているもの。。。

 過去、そうゆう娘さんらは、駐在中は、日本からお客さんが見えると、紹介して、プライべートのように、接待のように、いッしょに食事したり、カラオケBOXにいッたりと、つきあッてもらッたことも多く、日本からのお客さん(殆どプロモ関係者やお客さん)は、ナイトクラブより喜んでいた。。。

 時に裏で、取引をする娘もいたりしても、それは、僕の範疇でもなく好きにさせていた。。

 風俗譲は、年月が浅くても、プロの商売人であり、どこにも属さない素人の娘さんとの、お付き合いは、金銭の有無よりも、少々心もうがかされるのが男心なのだ。。

 もちろん、ジャカルタでは、ホステスのプロもたくさん見てきたし、体が資本の特攻娘もたくさん見てきたけれど、以外にも、プライべートな付き合いになると、インドネシアのその道のプロも(華僑を除き)、素人ぽいところがみえる。。。

 そうゆうところが、インドネシアらしい。。

 それに、本職を知る関係では、会話が面白い。。。

 本当に馬鹿だね!!と笑い転げることもあるし、、。。。。

 あるインドネシアに旅行に来た日本の友人が、「ソーレサンの女友達は、面白いし多くていいね。。」とよく言われたけれど、確かに、正直さゆえ、ジャカルタでのトレーニングの成果もあッて日本語もそこそこ話せる娘もいたし、本音でしゃべるであろうことが面白い。。。

 その中には、あることないことも含まれるが、それが、おバカなバカバカしいと思えてこそ、会話が楽しめるのも確か。。。

 エリートインドネシア人を除けば、インドネシア人は田舎に行けば行くほど暇人が多いし、遊びや食事、カラオケに誘えば、殆ど、夜の仕事を休んでも来てくれる。。。

 どうせ、平日はお客もいないし、稼げない、、と、いう面も見えるけれど、、ジャカルタの繁華街をよく知る娘さんらからは、アソコに行きたいとか、アソコで飲みたいとか、いう話は、最近の流行る店やスポットとして、いい情報源ともなる。。

 もちろん、店の紹介で、キックバックをもらう娘もいるだろうが、そうゆうことは、彼女らの顔を立てることとしているので、あまりつッこまないし、そうゆう、やらせぼッたくりの情報も教えてもらうのも常。。。

 それと、日本人がバックにいるナイトクラブ情報なども手に取るようにわかる。。

 まあ、身銭では、ブロックMに行かない派の僕としては、ローカルで楽しめる隠れた店情報は、貴重なのだ。。。

 で、、ワイフのいる僕としては、必要以上に個人的に情を入れ込まないのも常。。

 時に、酔い任せのムードもいいし、そうゆう感情にあこがれるけれど、ややこしい関係は望まないし、望まれたくもないので、最近は、僕なりにはひたたかであろうか。。。

 タイトルに風俗譲と書いたけれど、僕のいう風俗譲というのも、ピンきりで、インドネシアでも風俗に部類される情趣もさまざま。。

 一般に、カラオケ屋の娘に、ジャブライというと怒る。。

 が、置屋やマッサージパーラーの娘らは、分をわきまえているので、そうそう、みたいに、、笑うだけ。。

 確かに、失礼な言葉ではある、ジャブライという響き。。。。

 取り違えられたら大変にもなる。。。

 究極は置き屋からマッサージ、置き屋カフェ、ナイトクラブ(カフェ)、ディスコにたむろする売春婦にデート譲、、真面目にステージに立ち、一般にアーティストを呼ばれるクラブシンガーやクラブダンサーもいうなれば、ひッくるめて、風俗譲でもある。。

 中でも、どうでもいいホステスは別として、アーティストと呼ばれている娘には、好意にしていることもあッて、そうゆうプロ思考の友人が多く、(僕の知らないところではどうゆう生活をしているかは知らない)、彼女らを、何とかして陽のあたる場所に出して上げたい想いから来る友情というものなのかは、未だ分からずも、トニカク好意にしている。。。

 長年の付き合いがあると、あちこちの娘と再会すると、また、後輩や友人知人を紹介もされるので、さらに友人知人が増えてしまう。。

 インドネシアのアングラ社交関係は泥沼。。。。

 でも、おのずと、彼女らとの付き合いで、見えてくるものもある。。。

 ジャカルタの繁華街に集まる娘らは、孤独な娘も多い。。。

 両親も居ない、兄弟も居ない、まるで、孤児のような娘も多いが、本当は田舎に住んで健在。。。

 両親が居ないという嘘は、哀れみをかもし出す物乞いなのだろうか、そうゆう話をする娘も多い。。。

 しかし、僕は、彼女らの将来の夢を聞くのが好きだ。。

 もし、結婚したら、「子供は3人ほしい、だんなさんは、仕事があッてやさしい人」がダントツ。。

 以外は?と聞くと、「もッと優雅に買い物したり、遊びたい」とか、「あそこに住みたい」とか、「日本に行ッてみたい」もある。。。

 こじんまりとしたところでは、「新しい本物の i Phoneka i Pat 」が欲しい。。。。

 かわいいものだ。。。

 さてさて、何がいいたいかというと、、まだまだ、預貯金をする娘がほとんどないということ。。。

 田舎への送金組は、少なからずあるけれど、将来に備えての、貯金といえば、ほとんどそうゆう声がない。。

 逆に言えば、貯金をする余裕もないのが現状だろう。。。

 夜の商売は、日銭を稼げる。。

 チップの差で、いい客か、嫌いな客かも差がでるも、娘らは、客を選べない。。。

 たまたま、やさしい日本人のお客にあたッても、たいていは所帯もち。。。

 所帯もちの日本人からこそ、やさしいのであろうも、日本人との結婚は望めない。。。

 ジャカルタでも、お客で繁華街を訪れる場合、お客は、娘を選びたい放題なのだから、普通ならその場かぎりのお付き合い。。。

 そうゆう、スポンサーを何人抱えているかが、収入の良し悪しであり、好むと好まざるにかかわらず、まずは、お金だ。。。

 お金ではないにしろ、やはりお金は、自分の価値。。。。

 日本のホステスとは根本的に違う、インドネシアのホステス家業。。。。

 いくら、歌やダンスが上手いといッても、芸能だけでは安定しない収入。。。。

 TVに出ていても、有名になッても、芸能人は、虚栄に満ちて、自慢話ばかりしかしない、インドネシア芸能。。。

 それを、見て、そうゆう部分だけで、あこがれたり、騒いだりする、視聴者。。。

 今、インドネシアでの有名著名芸能人は数多くいるけれど、バンドでも、スポンサー次第。。。

 そして、芸能の裏を仕切る者の存在とつきあわなkれば、過去の、スキャンダラスな画像やらも流失してしまうような環境。。。。

 できるだけ、目立たないほうがいい。。。

 インドネシア娘、特に、芸能を好きな娘は、口をそろえるが、その裏腹には、有名になりたい願望もあるが、怖いとも。。。。

 怪しいプロモーター。。。

 過去の僕らも世界ですら、綺麗に見える、怪しいインドネシア芸能プロモーションの存在。。。

 僕も、過去、現在、いろいろな、プロモーション関係者を名乗る人物が、「いっしょにやらないか?」と、接触してくる機会もあるけれど、何故かピンとこないのもそのはずで。。。。

 僕は、今、1人ワンマンバンド(自称シンガーソングライター)として、音楽に夢中である。。

 ジャカルタ、バンドン、でも自称、プロバンドマンとも交流も深く、それなりにみなFBでつながり、もう、400人以上と友達でつながるも、誰が誰だかm思い出すのも難しい。。

 日本でも、音楽仲間もいるし、はじめた、新バンドは、わけありの、完全不具合の精神病を抱え、これまた、面倒なバンドになってしまい、今は、新たに友人になった、中学の同級生(ドラム担当)の2人きり。。。

 元々、1人で長らくやってきたバンドなので、地道にメンバー探しにには、困らないが、インドネシアとの混成バンドを組みたい僕。。。

 まあ、たくさんのFBからのオファーもあるし、そろそろ、インドネシアに住み着きたいところだが、父親次第。。

 なつかしい、芸能時代。。

 歌手、ダンサー、お釜の芸人、凄腕のバンドマン、彼らは、今でも日本で稼ぎたいと思っている。。

 芸能をやめたタレントは、それぞれの道を歩いているけれど、僕もとある、日本の本格的な芸能プロダクションに所属できそうだし、ある意味では、その芸濃プロダクションを、地元だけではなくて、インドネシア支店を持たせてもらえるような、芸人を育てたり、インドネシアでセミプロとして、再度、日本への招聘だけでなく、そこに、自分も参加して、行こうと、何故か、最近、眠っていた野心が目覚めてしまう。。。

 残された人生、たかが、歌、されど、歌、。。。。

 今、ひっ死になって、若い頃から作詞作作曲、演奏してきた、曲を、インドネシア語への作詞に変えて、新しい道を進もうとしている。。

 インドネシアで活躍する無名の日本人。。。

 日陰の仕事から、陽の当る場所。。。

 過去、トンでもなく、歌の上手だった女性シンガーに、バンドマン。。。

 それに、在住インドネシアの先輩バンドマンの人たちとも交流も楽しそうだ。。。

 さて、ラマダンが明けた。。。。

 ワイフの3人目の出産は8月の中旬。。待望の女の子。。。

 出産して、落ちつた頃、年末には、インドネシアで思う存分歌いまくり、弾きまくり、一暴れしてこようと思います。。。

 そのために猛練習。。。痺れた指に障害の残った足も、再び音楽を始めたことで、多少、動くようになり、声は、元には戻らなさそうだけど、なんとか、ボイストレーニングの成果でなりはじめ、うれしい限り。。

  しばらく、そんな音楽三昧な生活を、仕事の傍ら、続けたいと思っています。。。

 PS:プログ、正直、閉鎖してやめようかと、考えてましたけど、この10年の浅はかな記録を捨てることはないと思い、続けることにしました。

 やはり、僕にとって、インドネシアとインドネシア人ジャブライは、心の起爆剤であり、原動力だしね。。

画像



 
{%下降webry%にほんブログ村/ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(Tari Sunda Artsをポチッ)。。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(ポチッ)。。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村

日本最大級の楽天トラベル






燃油代込みでこの価格は必見!JTBの海外ツアー「Web専用商品」

旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]

【JTB】在庫一掃中!お買い得な海外ツアーは「旅のアウトレット」

ネットショップを始めるなら【DeNAショッピング】

安く買う高く売る  オークション[モバオク]

高速・定額・低料金のイー・モバイル!


【一生無料】キングソフト インターネットセキュリティ













 
 
旅の指さし会話帳〈2〉インドネシア―インドネシア語 (ここ以外のどこかへ)
情報センター出版局
武部 洋子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 旅の指さし会話帳〈2〉インドネシア―インドネシア語 (ここ以外のどこかへ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



旅の指さし会話帳 74バリ (ここ以外のどこかへ)
情報センター出版局
山本 哲也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 旅の指さし会話帳 74バリ (ここ以外のどこかへ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
free counters

 

FC2ブログランキング

元タレント、、インドネシア風俗娘の経験力、嘘と幸福。。。猛者風俗ジャブライ娘と僕の野心(笑) インドネシア発 NASIGORENG JABLAY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる