インドネシア発 NASIGORENG JABLAY

アクセスカウンタ

zoom RSS 誤送信されてきた誹謗中傷SNS

<<   作成日時 : 2017/02/14 12:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、子供らのスポーツサークル内の嫁のLINEにて、驚くべき「ギョット」するような、メール(LINE)」が、実名入りで飛び込んできた。。

 僕は年のせいか、スマホでのメール作りに苦手になりつつなり、いろんな理由からLINEは登録していない。。

その嫁にしても、LINEは、インドネシアとのホットラインとしてしか使用していない。。。

 何々グループとか、グループ分けすることが、あまりに登録電話番号が多すぎてできないし、また、あちこちのグルー化されたLINEで、グループに入れられてしまったり、断り切れずに入れられたりするこも面倒なので、登録さえしていない。。

 そうゆう機会があると、地域活動でもFBではつながらず、電話か、PCメールでと、お願いしている。。

 確かに、凄く便利なツールだとは思うけれど、そのつながりが、悪循環を呼びそせることも相当あると思われるし、そもそも、スマホ自体の文字の打ち込みが、軽度の老眼のせいで時間がかかるし、スマホが手放せなくこともあるだろう。。。

 そもそも、世の中、携帯(ガラケー)しか持たない人もいるし、スマホ自体、持たない人もいる。。

 まして、ネット自体使用されていない人もいるので、大事なコミュニケーションは電話とも考えてもいる。。

 で、先日、ギョ(´゚д゚`)!!と思える、LINEのコピーが会社の昼休み時間の嫁から僕に添付付で送信されてきた件。。。

 子供らのサークルでのママ友のLINEなんだけど、サークルの連絡事項だけなら、まだしも、インドネシア人の嫁にとッても、僕が見ても、くだらないおしゃべりが多すぎて、肝心の、大事な連絡網の役割を果たしていない「母親応援団」のLINEグループ。。

 そのサークルの大事な要件や、案件、連絡事項や出欠の有無など、、毎回、独自のWEBサイトに、一カ月〜2カ月後までの予定が、記載され、入力するシステムが構築されており、

あえて、嫁のLINE認証は言語面からも必要はないかと考えていたけれど、「母親応援団としてのグループの仲間に入ッてください」と言われて、あえてLINEはママ友のような、LINE好きなボスママとも呼べる方が中心に、日夜、おしゃべり会が展開されて、嫁としても戸惑うこと3年。。

 もちろん、日本語で、絵文字展開だけという、醜い情報配信もあって、ワイフ曰く、「ついていけないから、大事な事は、パパのEメールにと、おねがいしてほしいな。。」と、話をしていた矢先のデキゴト。。。

 で、先週、嫁が昼休みに、LINEのコピーを、僕のアドレスに送ッてきて、「これ?何が書いてある?昨日の夜みたいだけど」。。。と。。

 よく見ると、私ら子どものへの誹謗中傷、夫婦への誹謗中傷、また、その他、僕ら夫婦と仲良くしている、家族への誹謗中傷もが、怒り顔マークとともに、書き連ねてある。。

 どうやら、ママ友の誰かに、愚痴ッているような内容で、嫁に対して送信されたことではないことは一目でわかり、あまりに、子どもじみたような内容。。。

 嫁も、大体、その内容の文字や、顔文字などから、どのような内容か察していて、詳しく、教えたら、「やッぱりそうゆう人なんだな〜」と。。「なんとなく目でわかるよ」と。。わりかし大人。。。

 日頃、ガンバッテくれていて、信頼していた人だけに、一時的な感情なのではあるのだろうけど、子供らと、親御さんとの付き合い上、一体どのような事なのか、今後の為にも調べる必要があると思い、今度は、僕の一番信頼している共通のお父さんに、他の地域活動での要件のついでに相談。。。

この件は、他の方にも影響するだろうし、そのスポーツサークルそのものの、結びつきすら、危うくするようなことなので、相談したわけでもあり、そのパパ友とは、付き合いも長く、僕の小中校時代の先輩で、小Pでも新旧役員で、子供らも、同じ保育園、同じ小学校に通いクラスも同じで同級生・・、。、

 彼の紹介で、母校をホームに、子供らはそのスポーツサークルに入れてもらい早、3年。。。

 地域での影響力も、もッており、特に、PTA顧問としても現在も籍を残してくださり、僕にとッては、大先輩。。

 僕は、「このようなメールが送られてきましが、僕は、大人の対応をしようと思いますが、何か?この件、ご存知ですか?」と。。。

パパ友曰く、「ついに、彼女、やらかしましたね、、、。。実は、私の嫁にも、以前、同じような件でもめたことがありまして、以後、距離をおいてます。。これは、クラブにとッて一大事なので、真相を本人に問いてみます。。しかし、よりによッて、会長(僕の事で地域では最近そう呼ばれるようになッテしまッた)の奥さんに送信してしまッたとは、今頃、、ブルッていあるのじゃないかな?、。。」と。。。。

いや、僕が、何を言われようがかまわないけれど、外国人である嫁へのヘイト、子供らへ影響を与えることは、黙ッているわけにはいかないのは、僕だけだけではないだろう。。

 知らなければ知らないで済むわけだけど。。。

そんな事も踏まえて、学校関係のボランティアへのお誘いを受けた経緯もある。。

愚痴やらなにやら戯言を聞いてもらおうと、誰かに送信したつもりが、誤送信。。

嫁の個人LINEに個人的に送ッてしまッたという、なんともバカげた笑うに笑えない話(爆)。。。

 携帯メールが流行り始めた頃、よく、誤送信も送受信したりしたこともあるけれど、別にどうッてこともない内容で、スルーしたり、間違えて来た?よと、返信したこともあるけれどね〜〜、。。。

 そもそも、SNSはバーチャルな世界でも、本音が出るものだ。。

現実に、顔を突き合わせて言えないことも、平気で言えるという、側面もあッて、ここ数年、こんな僕でも、FBや、個人的なメールや発言、まして、公の場所での出来事や仕事がらみであれば、なおさらのこと、文言には、公の立場を去るまではと、、十分配慮しながら気を付けている。。。

 それに、受け取り方の誤解も相当あったりして、いい加減、FBもネットを通してのデキゴトにげんなりし始めているのは事実。。。

 しかるに、僕は、その、早とちりの連発と今回問題を起こした、ボスママ友(嫁はママ友とも思ッていない)、の旦那さんへ、翌日、連絡を取り(旦那さんはそのスポーツサークルの中心的な方)、大人同士の話し合いをしたいと。。。

大の大人に、LINEの使い方など、講義するつもりもないし(ばかげている)、これを機会に、嫁のグループラインを外してもらう事もできるので、僕の方から、頭を低くして、双方の誤解なのか?どうゆう経緯があッたのか?相談という形で、話し合う。。。

 旦那さんとなら、感情的にならず、男同士での話ができるだろうと考えたわけで、いろいろ事情が、先輩からも入ッて来て、何とか読み解けかけたものの、真相は、わからず。。

どうやら、うそッぽいが、まあ、責める気もないし、先方が、夫婦共に、ただ平謝りもしてもらえたので、、、喧嘩になることもなくなり、僕とワイフも、この件は飲み込んだわけではある。。。

 ところで、何が言いたいかというと、最近ネット社会で騒がれている、ママ友グループでのヘイト。。。

 それに、SNSでグループ化するという行為。。。。

 そのSNS内においてバーチヤルなコミニティーなら、まだしも、それぞれの家庭環境などを全く無視して、参加させずをえない現実のコミ二ティーに、参加する場合は、十分な配慮されたコメント、返答も、覚悟するべきで、まして、大人のママ友たるSNS内のグループサークル参加には、十分以上の気をつけねばならないね〜と、ワイフと話をする。。。

 僕は、敢えて、地域での父親グループや、SNS内でのグループへの参加は、適度のお付き合いを心がけているし、どこにでもいるだろう、本人がいないときに、誹謗中傷することが趣味のような後ろ向きで人間性の希薄な方々とのお付き合いは、縁をきるか、おつき合いしないに限ると思ッているが、現実には、そうも行かないこともある。。

 今回、もし、昔の僕のように、スーパー短気であッたならば、相当話がこじれたであろうし、そのクラブも分裂したであろうか???とも考えるがゆえに、ある意味では、地域の誰しもやりたがらない役職や名誉職(僕はそうと感が手いませんが、世間ではそういわれている)というものが、初めて、ハーフである子供らや、嫁を守り得ることができた(自分もセーブした)とも考えれる。。。

 人間として尊厳、敬意、感謝、そして、そこにある、裏腹な本音。。。。

 今回、何があッたかは、過ぎたる、、、で、、どうでもいいこととなりも、「そうゆう人もやはりいるのですね〜〜」で、僕の中で処理したけれど、一歩、対応を間違えれば大変なことにも発展した可能性も無きにしも非ず。。。

職場、商売、サークル、子供の習い事、学校での活動であるPTA、子供会、地域活動、そして、近所付き合いに、SNSでのお付き合い。。。。

 それぞれ、深く掘り下げて確執を解く必要もないだろうけれど、一番気を付けたいことは、言葉つかい。。。

 それに、誤解を招くようなSNSへのコメント。。。

 広く浅く、お付き合いする人とのある程度の距離感。。。。

 人を悪く言えば、いつか、、巨大ブーメランとも帰ッてもくる現代社会。。。

 人間は、陰口が好きな動物でもあるがゆえに、公の場での発言、そして、一人歩きするSNS。。。。

 そんな世知辛い社会だからこそ、見失ッてはいけない物を今回、見たようで、おのずと、自分自身も反省する点も多々あるな、、と、、痛感しましたね。。。

  しかるに、こうゆう記事の更新もどうかと思うけれど、やはり、個人を特定して、やッためたらに、誹謗中傷しまくり自慢したがりの、病んだ方とは、信頼も一瞬に壊れるわけで、わだかまりも多少残るでしょうが、そこは、人間性の問題で、昔、読んだ本、「いい人をやめると楽になる」を、、、、もう一度、読み直している。。。

 そして、SNSに頼らないあえて、アナログ+デジタル時代の融合という、生き方もあるのだろうと、原点に帰ッてみるのもいいでしょう。。

 世のリーダーと呼ばれる人は、上に行けば行くほど、大人の対応と発言をするべきでしょうね。

 とにもかく、P関係者でもあり、子どものSNSでのいじめの問題を討議しているにもかかわらず、子を持つ保護者がSNSでも現実の世界でもモンスター化してちゃダメだろー。(´゚д゚`)。。。

 PS:もう、僕はこの件に関しては、解決済みとしましたが、そのボスママをいろいろ調べていきましたら、P委員の関係者でもありながら、やたらめッたら、些細な事で教育委員会や教頭先生にクレームをぶつけているモンスターぺアレントの側面ももつ方とも判明しましてね、、さらに残念感がひとしきりです。。。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

ブログランキングへもぜひ投票おねがいします(ポチッ)。。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村

日本最大級の楽天トラベル






燃油代込みでこの価格は必見!JTBの海外ツアー「Web専用商品」


 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
free counters

 

FC2ブログランキング

誤送信されてきた誹謗中傷SNS インドネシア発 NASIGORENG JABLAY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる